hitode909の日記

趣味はマリンスポーツですの日記です

insight(インサイト)――いまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己認識の力

自己認識(インサイト)をどうやって獲得するか、という本。
他人の困った点について、本人にだけ伝えず、周りの人間のみで話していて、その結果、本人の自己認識は高まらない、というエピソードがあって、あるある、と思った。
そして、フィードバックを伝えるには痛みが伴うこともあり、最悪の事態を招くこともある。


内省と反芻の章がおもしろかった。内省というと、内省をするのは人間固有の行為、みたいな、自分について考えるのは良い行為だ、みたいな風潮があるけど、自己認識を向上させるためには役に立たないとのことであった。事実と感情をセットで扱うとか、そういうテクニックがあり、この本ではなにかと実験されている。
反芻については、過去のストレスに感じた出来事を繰り返し思い出したり考え込んだりして泥沼にはまっていくことで、自分はこれはよくあるなと思っていて、自分は反芻が多いと気づけたのは良かった気がする。これも、反芻が多い気がする、と反芻したわけではなくて、反芻の多さをチェックするためのチェックリストがついていて確認できる。


自己認識を獲得できた人物をユニコーンと呼んでいて、あまりユニコーンに馴染みがないので、ぬいぐるみのユニコーンのイメージが現れていた。それ以外は良い本だった。
ユニコーンのコニーBIGぬいぐるみ ローズ