hitode909の日記

以前はプログラミング日記でしたが、今は子育て日記です

保育園のクラス会があって、先生がZoom越しに写真を見せてくださるのだけど、たびたび見れない写真があって、なんでだろうと話していた。
今日わかったのは、iPhoneで撮った写真をWindowsから見せようとしているので、HEICには非対応ということだった。
JPEGとかに変換するか、iPhoneの設定を変えて、JPEGで撮る形に変える必要がある。


個人的には、性能がいいからといって、広くよく使われるフォーマットから、新しくて便利なフォーマットに乗り換えるのには反対で、全国でどれだけのクラス会で、このように写真が見えなくて苦しんでいるだろうか。
それと比べると、多少は容量が大きくて画質が悪い、というほうが幸福度が高いのではないだろうか。
ガビガビのJPEGとしても一応読み取ることができて、それでいて、かつ、読み込み側のソフトウェアが対応していれば高画質で表示される、みたいな作りになっていればよいのに、と思う。
それか、画質にこだわりたい人だけが設定を変えたら使えるようにして、デフォルトの設定はJPEGのまま、というのがよいのではないだろうか。

id:minesweeper96さんがAIに中野区の情報を尋ねられていて、架空の喫茶店をおすすめしてもらっていた。
どう考えても住人のほうが詳しいことをわざわざAIに尋ねるのがおもしろいなと思ったので、僕の住んでる京都情報もいろいろ聞いてみようと思った。


京都のIT企業事情を聞いてみる。NTTコミュニケーションズがあるとは思えないけど、大きな会社だろうし、子会社の子会社とかの出張所とかはあるのかな?とも思う。

烏丸御池に絞ってみたらWebっぽい会社が増えた。一時期、いろんなWeb企業が京都に進出していたのを思い出す。あちこちで勉強会があって、寿司を食べにお邪魔していた。

烏丸御池にはブログを作ってるような会社もある気がするなあと思って聞いてみた。株式会社TechBoosterって存在しなくて、同名の技術書を書いているサークルは実在するようだった。

ソーシャルブックマークを作ってる会社くらいまで絞ったら、知った名前が出てくるかな?と思ったけど出てこなかった。質問しても名前が挙がらないということは、AIによる反乱戦争が始まるときに、攻撃されずに済みそう。

よく行く居酒屋とか出てくるのかな?と思ったら、居酒屋、居酒屋、居酒屋…という並びだった。

もうちょっと個性的な店を教えてほしいなと思って、カンガルーを踊り食いできる居酒屋について聞いてみたら、普通に考えたら無いと思いますよって教えてもらえた。

食べ物に限らなければ、カンガルーとボクシング対決できる、架空のフィットネスジムの案内を生成してくれないかな、と思ったけど、倫理的に、カンガルーとボクシング対決できないと思いますって諭されている。

一般常識みたいなものはしっかり答えてくれるので、今からカンガルーとボクシングするかどうか迷ってる人はAIに聞くと、モラル的にいかがなものか、って教えてもらえて良さそう。企画が炎上しそうかどうかもこれでちょっとわかりそうな気がする。

アルバイトの休憩時間に冷蔵庫に入って写真を撮ってはいけないことも示唆してくれる。休憩したほうがいいし周りの人の迷惑になる。

技術カンファレンスの途中でビールを飲みまくってはいけない。集中しないと勉強できないでしょって指摘してくれる。


チャットAIがもっと早くあれば、気軽に書いたブログ記事に倫理的な問題があって怒られる、という事例も少しは減らせたのかなと思ったけど、今日の日記も、これはこれで、人間側は質問に含まれる倫理的な問題を理解した上で、AIに地雷を踏みに行かせる、みたいな趣味の悪さも感じて、誰かの何らかの怒りを買いそうな気もする。

雪がすごい。
大雪警報が出ていたので、保育園は休みだと思って、仕事が始まる前に運動させて、疲れさせておこうと、朝から早起きして、家の周りに積もった雪を見に行ったりした。子供がしっかり雪を触るのは初めてで、雪が冷たすぎて号泣していた。
しかし、それは無駄な努力であって、妻がアプリの連絡を読み違えていたみたいで、保育園は普通に開いていた。保育園からの連絡アプリがスマホ1台でしか動かない気がする。
で、なんでこないんです?って電話がかかってきたので、すみません行きます、って返事して、がんばって行ってみようとしたけど、ベビーカーを押していくと、道がつるつるに凍っているし、雪が積もっていてベビーカーが引っかかるしで、あきらめて帰ってきた。
子供は全然昼寝してくれなくて、リビングに3人いると3人とも何もできない。午後からは妻を仕事部屋に隔離することで、妻だけはまともに仕事できるようになった。
僕は、2分おきに、おいで〜って子供がやってきて、手を引っ張ってどこかに連れて行かれたり、おむつを変えたり、おやつをあげたり、テーブルによじ登るのをやめさせたり、という形で、あまり進まなかった。

見ていた工務店は全部ダメになったので、設計事務所にお願いしようかと思っていて、半年とか、すごい時間かかるみたいで…って話を不動産屋に連絡したら、設計料もかかるし、うちでよく仕事してる工務店を紹介しましょうか、って、一つは宮殿みたいな鉄筋コンクリートの構造物を作っているような工務店、もう一つは自然素材って感じの木の家を作ってくれそうなこじんまりした工務店を案内してもらえた。
後者が気に入った。柱や梁が直接見えてるような仕上がりで、普通のよくある家造りのプロセス、つまり、床材のグレード、そして、ビニールクロスのグレード、そしてリクシルかパナソニックか…みたいな世界観から脱構築して、家なんだから柱があるでしょ、ということで、グレード争い、スペック争いから抜け出せそうで、よさそうな気がする。
この不動産屋さんに対しては絶大な信頼を持っているので、この方が言うなら安心だ、というのも大きいのと、普段からよく仕事されてるそうなので、こちらから制作進行というか、各所に進捗報告しなくても、お互いにつながってよしなにやってくれそうなのが、気が楽になりそう。銀行の方も知り合いだそうなので丸投げにできそう。
朝までは、設計事務所の進捗を銀行と不動産屋に連絡して…時間かかりすぎで急かされそうになったらつっついたりとか、みたいな段取りがめっちゃめんどくさそうだなと思っていたので、やり取りの仕事がだいぶ楽になりそうだと考えると、今日の午後くらいから急に元気になってきた。

今日、ふるさと納税で無洗米を注文したはずなのに、米を洗ってみると水が真っ白になってしまった。なんだか変な気がする。もしかして、間違って洗済みの米を買ってしまったのではないかと不安になってきた。

今まで使っていた米も、洗ってもどこかに茶色いものが残っていたので、今回の白さに驚いている。この米を使って料理を作ってみようと思ったけど、無洗米だと思っていたのに、洗済みだとしたら、味も違うのではないかと不安になってきた。

ふるさと納税で買った米が本当に無洗米なのか確認しなければならないと思った。これからも、購入する米については、より確認を行って、安心して食べられるものを選ぶようにしたいと思う。




ChatGPTで日記を書いてもらったら、それっぽい日記を書いてくれて、今後注意すべきことも書いてもらえたけど、米に対する理解がちょっと怪しくておもしろい。
無洗米←→洗い済み米、という関係性があったり、洗うかどうかで味が違う、という世界観になっている。また、米を使って料理を作る、と言う人間はあまり居ないと思う。
米が無洗米なのかそうでないのか、日記を人間が書いているのかAIが書いているのか、そういったことが分かりづらい、暮らしづらい世の中になってきたと思う。

ここで決めようと思って話を聞いていた工務店では決着がつかない流れになってきた。
ということは銀行とのやりとりもやり直しになったり、予算どうするって話ももう一回始まる。
普段、完璧を目指すよりはまず終わらせろの精神で生きているので、あとこれくらいの時間とか手数で終わると思ってたら全然終わらなかった、という瞬間がなかなか苦手。
どんなに雑でも、いつまでも終わらないよりは、終わるまで妥協して、完了条件を満たして終わらせてしまうほうが良いと思っている。サグラダファミリアはかっこいいけど制作の過程には関わりたくない。庭に木の枝を刺して、これを大聖堂とする!完成!って宣言する方が親近感がある。


でもポジティブに考えると、全て終わったときには、いろいろあったけど、いい思い出になったね…となると良いと思う。
仕事でも、一生これの開発をやることになっていつまでもリリースできないので?と思っていたけどずっとやってたら終わった、という出来事もあって、それと比べると、工務店の話を聞きに行き始めたのも11月くらいなので、3ヶ月分の工程が吹き飛んだくらいで済んでいる。
3ヶ月前と比べると、まったく進展なしではなくて、親に話が通っていたり、ここの土地でいいんじゃない?という気分にはなっていたりで、まったく進んでないわけではない。