hitode909の日記

趣味はマリンスポーツですの日記です

インターン来てくれ!!

ヴィンテンス メルロー

ワインを作ってからアルコールを抜いたノンアルコール赤ワイン。京都では大丸の地下の酒屋で買える。ノンアルコール界隈のバリエーションはそんなにないだろうから、どこでも買えるのかもしれない。

f:id:hitode909:20190519225021j:plainf:id:hitode909:20190519225029j:plain
後ろに転がってるのはパティスリーエスのマカロン

タンニンがしっかり感じられる。それもそのはず、材料を見ると、ワイン、ショ糖、タンニン、酸化防止剤、となっていて、タンニンが加えられて渋みがブーストされている。メルローですなってわかるくらいちゃんとメルローっぽい味がしておもしろい。
普通のワインを飲んだときと比べると、舌に渋みが感じられるところまでは同じで、鼻からアルコールの風味が抜けるところが空振りするような感じ。
ノンアルコールワインを3本飲んでみてわかったことは、ワインを再現したジュースよりは、ワインを作ってからアルコールを抜くほうが美味しいということ。酵母の力に感謝。

デュック・ド・モンターニュ ノンアルコール スパークリング

ノンアルコール飲料を飲んでいくシリーズ。これもやまやで買った。750mlで1300円くらいして、ぶどうジュースだと考えると理解しがたいレベルで高いけど、酒を飲みたくて仕方ないけど飲めず、酒代を払うことに抵抗はない、という状況であれば、買ってしまうと思う。

f:id:hitode909:20190519223244j:plainf:id:hitode909:20190519223256j:plain
食べ合わせとかマリアージュとか考えずに、炒めものとかレタスの味噌汁とかと合わせている。

f:id:hitode909:20190519223306j:plainf:id:hitode909:20190519223316j:plain
4℃のグラスは結婚式の何かでもらった

これはかなりおいしかった。今のところいかなる炭酸飲料よりもおいしい。飲んだ瞬間は甘いスパークリングみたいな感じで、炭酸が入っていることで味がよくわからなくなり、後味までスパークリングワインっぽくなっている。アルコールが入ってないことに気づかない人もいそう。
先に飲んだ赤ワインとは製法が違って、まずワインを作ってからアルコールを抜き、風味を調整するために酸味料などを足している、とのこと。
100mlあたり26キロカロリーで、本物は100キロカロリーくらいあったはずなので、アルコールが入ってない分カロリーもちょっと低くなっていると思われる。

アルプスワイン ヴァンフリー Vin Free 赤

群発頭痛になってから酒を飲むことができなくなった。よくできたアルコールの入った飲み物と比べると、ノンアルコールの飲み物はそんなにおいしくない。酒は作れば作るほど儲かり、人が身体を壊し、死ぬほど飲みまくるのに比べると、ノンアルコールの飲み物は死ぬほどうまいものはなく、酒と比べると研究が進んでないのではないか、と考えている。
…という話をid:nagayamaさんとしたところ、ノンアルコールワインというのがあると教えてもらった。
酒を買う予算でノンアルコール飲料を買っていけば美味しい飲み物を発見できるかと思ったので、しばらくノンアルコールの飲料あれこれ買って調査してみることにした。
最初に飲んだのがVin Free 赤。やまやで売ってた。

f:id:hitode909:20190519221914j:plainf:id:hitode909:20190519221940j:plain

果汁90%で、材料を見るとぶどうのほかにクランベリーも入っている。ワインっぽい味になるよう果汁が配合されたというイメージ。
それっぽいワインっぽい味はするけど、どことなく野菜ジュースを飲んでるような気持ちにもなる。飲んだ瞬間はワインっぽいけど、しばらくすると野菜生活100の紫のやつになる、というようなイメージ。
酒を飲めず、ワイン飲みたいけどウェルチは甘すぎる、という人にはよさそう。

過去の名作を効率的に観たい

家でプライムビデオでトゥルーマンショーを観て、これを観てないのは人生損している、みたいな話をしていた。

トゥルーマンショーは本当におもしろい。映画にはこのようにめちゃくちゃおもしろいものがある。順番に過去の名作を観ていけるとよさそうだけど、そういう一覧画面はなくて、自分で探す必要があって不便。

あなたへのリコメンドという話ではなくて、いま地球に降り立った火星人が何を見るかという観点で地球に存在する名作を集めて片っ端から観せていってほしい。

インターネットと名作の相性が悪いと思っていて、これが、地球の名作100選なら、素晴らしい順に並べて編成すると思う。インターネットではリアルタイム性に重きが置かれがち。このブログに突然火星人がやってきたとして、今日の最新記事はこの記事なのでこれを読まされるけど、この記事から読んでいくのは体験が悪そう。

ジムでヨガやった。いくつか気づいたことがある。

意外と汗だくになる。腕を上げっぱなしにして、上半身は楽に、という話だけど、なかなか楽にならず、腕がプルプルする。先生は腕に筋肉がついている。

自分は運動が苦手で、体も硬い。足を持って立つと体幹がめちゃくちゃになってすごいことになったりするのだけど、冷静に周りを見渡すと周りの人もとくにできていない。ので気にしなくて良さそう。

プランクの形になったり戻ったり、頭を上げたり下げたりする。頭の上げ下げによって多幸感が生まれる気がする。他に娯楽がなかったら頭に血を集めたり解放したりして喜ぶというのはメリットがありそう。

わざわざジムに出向いて対面で教えていただいているけど、基本は先生の動きを真似するだけなので、動画と相性がよさそう。

おもしろかったので平日の夜とかにも行きたい。