hitode909の日記

趣味はマリンスポーツですの日記です

最近読んでおもしろかった本はなんですかという質問

本好きな人とは「最近読んでおもしろかった本はなんですか」って話をするのだけど、意外と難易度の高い質問だと思って、

  • 定常的におもしろそうな本を探して読んでいて
  • その中で、自分にとって面白く、また相手にもおすすめのものを思い出して
  • おすすめポイントを話す

という3段階を経てようやくおもしろい本の話ができる。昨日友達に紹介したのはこれで、中島らもが様々な薬物を吸った思い出を話してくれる本。なぜおすすめかというと、友達はふるさと納税でビールをもらいすぎて冷蔵庫が閉まらなくなっている人物で、今夜、すべてのバーでを読んでるだろうから、同じく中島らもの著書でこれもおもしろい、という話。僕が中島らもを知ったのは中島らもの死後であり、著書を読む限りいかにもすぐ死にそうだなという暮らしをしていて、すぐに死んでいるのが、すごい暮らしだと思ってファンになった。

アマニタ・パンセリナ (集英社文庫)

アマニタ・パンセリナ (集英社文庫)

  • 作者:中島らも
  • 発売日: 2016/04/01
  • メディア: Kindle版

人から紹介された本を読むのも好きで、本好き同僚みねむらさんからおすすめされた本は2冊ともおもしろかった。面白い順に思い出すと2冊とも体当たり体験談的な本だった。

これも人伝いに知って読んだ本。広島弁でキリスト教史を教えてくれて、キリスト教の本だけど「おどりゃマタんかい、こん糞イモ!」っていうセリフが登場したり、「騎士というのは今で言えば暴力団員のことである。」といった説明があったりして勉強になる。

仁義なきキリスト教史 (ちくま文庫)

仁義なきキリスト教史 (ちくま文庫)

家にいて暇なので最近読んだおすすめ本教えてください。

作品賞取った作品を見て回るシリーズで「アーティスト」を観た。サイレントシネマからトーキーに移行する時代を描いた10年前くらいの映画。撮影しているのは現代なので、音を出そうと思えば出せる、ということが巧みに演出に組み込まれていておもしろい。音と映像が合いすぎることは現代ではミッキーマウシングといって避けられているけど、この作品では思い切り音と映像があっていて楽しい。サイレントであっても笑えたり緊張感があったりするので、映像と音だけで人とこれだけ心を通わせられるんだな、と感銘を受ける。だんだん喋ってはいけないみたいな気持ちになってきて、観終わったあと声を出すのになんとなくためらいがあった。

アーティスト (字幕版)

アーティスト (字幕版)

  • 発売日: 2014/08/13
  • メディア: Prime Video

最近家で観た映画

キング・オブ・コメディ

序盤ではただの熱心な人だけど、話が進むと本当におかしな人になってしまう、という構成。前情報無しで見たらジョーカーのリスペクト元という雰囲気だった。ジョーカーはタクシードライバーでもありキングオブコメディでもある、ということでスコセッシ監督リスペクトすぎる。現実界ない雰囲気のまま終わるのは好き。
www.netflix.com

英国王のスピーチ

映像が絵画みたいでよかった。こういう良い作品、映画館で予告は観てたけど、観には行かなかった。小さい映画館に通っては、ひどい映画だった…という体験もしているので、当たり外れが大きい。着実に見に行くにはどうすればよいのか?
作品賞とってる作品は人間が作り出せる面白さの限界が現れた作品で、たとえばノーベル賞をとった研究の大半は理解できないけど、作品賞とってる作品は家でボタンを押せると楽しめる。95作しかないので全部観たい。

イヤホン買った

2013年くらいに買ったUltimate Earsのイヤホンを使っていたけど、イヤホンに紐がついてるのにだんだん違和感を感じてきて、仕事中もリモートのミーティングでも使うので、なんかワイヤレスでマイクのついたイヤホンがほしいな、と探した。
混んでる家電量販店で試聴するのめんどうだったけど四条のインバウンド需要向けビックカメラに行ったらインバウンド需要の低下のためか人が少なくて平和に試聴できた。
WF-1000XM3かなと思っていたけど、WF-H800と交互に使ってみると、ノイズキャンセルがついてないぶん軽くて快適だったのでWF-H800を買ってきた。ノイズキャンセル機能の無さは音量をガンガン上げることで解消している。
やはり紐がないと便利で歩きまわったりできる。音質のことはどうせストリーミング音源しか聞かないのであまり期待していない。しばらくSpotifyの音質悪すぎると思いつつも、まあこんなもんだろう、と思っていたら設定画面に音質の設定があった。最高音質にしているとハイハットがしゃきっとした、ということがあった。また、音量を均一化する設定によって音が割れたりしていていまいちうれしさがあまり最高ではない。イヤホンはいいけどストリーミングサービスはもう一声感がある。

株式会社はてなに入社しました

株式会社はてなに入社しました。
いつから入社やってるのかと見ると2013年に入社ボタンを作っていたようで、このブログを独自ドメインにする前の出来事だった。
終わりなき入社を繰り返している間に小学校の卒業が可能になっていてびっくりする……。

株式会社はてなに入社しました - hitode909の日記

1日在宅勤務

京都に住んでるので出社してもいいのだけど、いつどうなるかわからないので練習で一日在宅勤務した。
以前にも何度かやっているけどそういうときはだいたい体調が悪かったり台風が来てたりで暮らしが著しく損ねられていて、健康で暇な日に在宅勤務するのは初めてなので記録しておく。

  • 家には炭酸水と酒しかない、会社にはディスプレイがありキーボードがありマウスもありお菓子も飲み物もあるので便利すぎる
  • 机はなんでもいいけど椅子がペラペラだと腰痛めそうなので長期間やるならまともな椅子を買うとよさそう
  • ふだん出社する前からSlackを眺めたり気になる情報を眺めたりして、朝のうちにやることは…とか考えて、間に合わなくなってきたくらいのタイミングでそろそろ出るか、となるのが、移動しなくていいのはすごく楽
    • ゴミ出したり洗濯機回したりできるので、在宅を続けていると家が片付いていきそう。その証拠に家よりオフィスの席の周りの方が整頓されている。
  • せっかくホットクックあるので使ってみるかと、昼休みぴったりにキーマカレーができるようにした
    • めっちゃうまい
      • 在宅勤務とは関係なく料理スキルとホットクックの性能の問題
    • 家で黙々と食べるのでわりと暇
    • f:id:hitode909:20200331194733j:plain
    • これ楽で、ホットクックに適当に投げ込んでキーマカレーを選んで実行すると完成
  • 午後はせっかくベランダあるのでベランダにキャンプ用の椅子を引っ張り出して作業していた
    • 空を見れるのが景色が良くて良い、しかしうちは上の方のフロアじゃないので車がうるさい
    • グラン・トリノに出てくるクリント・イーストウッドが家の前のベンチでビール飲んでるみたいな状態が理想

f:id:hitode909:20200331235539p:plain

グラン・トリノ 特集: 過去に出てきたウォルト・コワルスキーと夢に出てくるウォルト・コワルスキー - 映画.com
  • 予想はしていたけど、アルバイトの様子を見て、ちょっとでも困ってそうだったら様子を見に行く、みたいのができなくなるのは困る
    • 普段は、悩んでそうなコメントが見えたら、その返事とかを口頭で済ませてしまったりしている
      • 任意の相手とGoogle Hangoutとかに0.1秒でつながればこの問題は解消されそう
  • こんな環境で仕事してますってチームメンバーたちの机の写真がSlackに流れてきておもしろかった
    • トラックボールが2個写っているとか
  • 定時直前くらいにバグが見つかって、原因わからないまま定時を迎えるとめっちゃつらい気持ちになった
    • ふだんは、そうは言っても今すぐ直さなくてもいいから場所を変えて気分を変えよう、とできるけど、家のリビングルームで気分がどんよりしていて、外出する用事もないのでどんよりを解消するすべがない
    • 今すぐ寝るか、わかるまで調べてスッキリするか、と思ってわかるまで調べることにしたら解決したけどこのあとずるずる作業を続けてしまいそうな雰囲気は出ていた
  • 一日家から出ないのはやばいなと思ってコンビニまで往復したら仕事が終わったという実感がわいてきたよかった、家から出るのが不能になると困りそう
  • めっちゃコード書ける、ということはなくてコードレビューとかミーティングとかは普段どおりやってくる。もともとオフィスは設備が整っているのでオフィスで書いたほうが速くて正確だと思われる

テックリード業とかチーム内見回り業とかがあるならオフィスに居るほうが圧倒的に便利。とにかくコードを書いてればいい!みたいな人なら在宅で暮らしていけそうだけど、身の回りの人を手助けするスキルを身に着けられず、のちに苦労しそうな予感がある、それが一番気がかり。
常時つなぎっぱなしにすれば別の暮らしが待っているのかもしれない。そういえばうちは普段からオフィス間でリモートをやっているけど、常時つなぎっぱなしにする習慣はあまりなかった。