hitode909の日記

趣味はマリンスポーツですの日記です

MacBook Airが発売されたのでMacBook買った

家では2015年に買った11インチのMacBook Airを使っていて、メモリが4GBしかなくて、そろそろ動作が遅くなっていた。ディスクはチェックアウトしたコードくらいしか置いてないので余裕あった。
MacBook Airが発売されるのを待って、アップルストアに行って、MacBookとAirと持ち上げ比べてみると、重さが全然違う。MacBookはびっくりするくらい軽くて、Airはその見た目からすると想定通りくらいの重さで、驚きが少なかった。
ということがあって、一番安いモデルのUS配列のを買ってきた。物理的に軽いのは正義だと思って、家では膝に乗せて使っていて、ゴロゴロ回転しながら使うので、一番軽いものを買うのがよいと思う。
重いグラフィックの編集やすごいIDEを開いたりはしなくて、ちょっとJSを書いてブラウザで動くものを作るくらいだったら持ち運ぶ障壁を下げられる方がメリットあると思う。あとは、会社にはProがあるので、なんかすごい行列計算とかをしたくなったら会社でやればよいという話がある。

https://www.instagram.com/p/Bp9QBXIANwk/
近所のアップルストアで買ってきた

シェルが消えて悲しかったのでどこかに保存しておこうと思い、定時後にちょっと練習していた。まだ動いてない。
指定されたコマンドを実行するところはできて、次にどこかに保存する、というところで、手元のnodeからAWSのストレージを直接叩くよりは、API Gatewayとかでやったほうがいいんだろうな、というところで終わり。家に帰って筑前煮を作った。
NoSQL大好き派としてDynamoDB使ってみようとしていていて、私のアカウントなら動きますっていうのも変な話なのでCloudFormationでも使ってみようとしている。が、登場する概念が多い気がする。
遊びのコード、RubyやPerlで書くことが多かったけど、TypeScriptでnodeで動く形で作れると良いと思っていて、型が付いてて補完が効くのでAPIを覚えてなくても試せるのと、ふだんブラウザを1日に18時間くらい見てるのでJavaScriptのreplが一番身近な存在。

突然シェルのhistoryが消えてめっちゃつらい

突然シェルのhistoryが消えてめっちゃつらかった。学生の頃に、漢のzshという連載を見て、シェルのヒストリは無限に大きくすべしというプラクティスを実践していた。それ以来、10年間くらい育ててきたけど、今朝見たら突然15KBになっていた。偶然Dropboxに残ってるのを復元したけど、直近5年分くらい消えてしまった。数ヶ月ぶりにTimeMachineのディスクをつないでみたらそもそも認識されなくて、ディスクごと壊れてるようだった。バックアップはリストアできないと意味ない。
思うのが、シェルの履歴という形で各自が有用なコマンドを保持していて、消えて困っているのがおかしい。リポジトリごとにhistory置き場となるウェブサービスを作ってどんどんpushしていくような形とか、エディタのランチャから起動するだけで開発が完結するとか、現代的な形は考えられると思う。昔はsshですばやくサーバーに接続して楽しくやろうって感じだったけど、最近はno sshとか言って、サーバーに入らずうまいことやろうという話がある。
news.mynavi.jp


もののけ姫はこうして生まれた

もののけ姫の制作中の様子の映像。DVD3枚組で6時間くらいある。
1〜2枚目では、完成ははるか先のように思えるのだけど、だんだんできてきて、宣伝の話が始まり、どの映画館で公開するかって話になって、前日からお客さんが並び始めたりする。
映像だと急速度で進むから、という側面もありそうだけど、実感ないままにいつのまにか完成してリリースされるのが、普段やってる大きめの開発と同じだなと思って、2ヶ月後にはこれがリリースされてるのか〜みたいなイメージしかないままに忙しく手を動かしてると、なぜかできて、そのまま動いている、ということがある。うとうとぼんやるしてるときとかに、まだできてないんじゃないかってある日突然思って、よく考えるとリリース済みだった、という、ストレスだけを感じることがたまにある。

映画本編より長くて、どっちの展開のほうが面白いか、みたいなメタな話もあり、コンテンツとしての強さが高いと思う。まだ本編ちゃんと見てなくて、ストーリーとか曖昧な記憶のままに見てた。物を作ってる人におすすめで、めっちゃいいコンテンツなのでデジタルで配信してほしい。



https://www.instagram.com/p/Bpoy9mbh1FH/
ものづくりの本質に迫っている

「もののけ姫」はこうして生まれた。 [DVD]

「もののけ姫」はこうして生まれた。 [DVD]

Algorave Osaka見に行った

ライブコーディングで音と絵を出すイベント。amagi君が出てたので眺めに行った。

  • 音は見なくても聞こえるけど、ビジュアルは見てないと見えないので、音に絵を合わせるのは必然的に発生するけど、絵に音を合わせるのは難しそう。音量を入力にして絵にする人はいても、絵を拾って音にしている人はいなかった。昔の映画では無声の絵にピアノの演奏を合わせてたけどそれの逆になってておもしろい。
  • ライブと言っても多少は仕込んできて、順番に評価すると音が出るという形の人が多そうに見えたけど、最後に出てた人はイチからスラスラ書かれていて、かつ非常に行数が少なくてすごい!!と思ってたらTidalCyclesの作者だった。BPMを決める関数にsaw関数を入れてリアルタイムにBPMが上がったり下がったりしていてよかった。
  • コードを書いてから実行すると音が出るので、gabbaって書いてるのが見えると、音が出る前にガバキックが出ることがわかってテンションが上がる。
  • 当日は禁煙だったけど普段は吸い放題のクラブが会場で、なかなか煙たかった。

Instagram post by 趣味はマリンスポーツです • Nov 10, 2018 at 11:17am UTC

Instagram post by 趣味はマリンスポーツです • Nov 10, 2018 at 11:17am UTC

Instagram post by 趣味はマリンスポーツです • Nov 10, 2018 at 1:44pm UTC

Instagram post by 趣味はマリンスポーツです • Nov 10, 2018 at 1:45pm UTC

夢、ホームセンターでネジをばらまいてしまう。1本ずつ拾っては、正しいケースに戻していく。この作業一生かかっても終わらないから、ネジを買い取ったほうが早い、という話をする。
面白い出来事だと思って、コンピュータの暗号化においては、一生かかっても計算が終わらないことを前提に、秘密の情報を送り合っている。ホームセンター中に散らばったネジ拾いとネジ分類が可能な人間はいないので、労働力が金銭に変換されている。