hitode909の日記

趣味はマリンスポーツですの日記です

体育館的な広大な空間にロープがぶらさがってて,みんな壁にへばりついてる.天井からひもがぶら下がっててターザンみたいに向かいの壁まで移動して飛び移る.地面はチーズフォンデュになってて,下に行ったときにパンをつけてチーズをすくってチーズフォンデュできる.失敗するとチーズに落ちて溺れて死ぬ.周りに50人くらいいた.ぼくはすごいチーズフォンデュが得意という設定になってて,位置エネルギーを使うと向かいの同じ高さに行けるから,とかいって解説してた.


屋根裏部屋みたいな場所でバンドの練習してる.いい曲できた.いい曲できるとライトがぴかぴか光ってそれで評価できる.録音に使うマイクの部品みたいな機械が壊れて演奏できなくなる.誰も1円も持ってなくて,たんすとかを探してたら,母の形見の2000円が出てきて,泣きながら楽器屋に向かおうとする.はしごを降りたら,消しゴムみたいな,バラバラになった人形が落ちてて,パーツを組み立てると,頭が鳥の人間だった.内蔵もパーツになってて,脳が一番重要で,脳で通信できる.
それで,屋根裏部屋に戻ったら,バンドメンバーがいない.鳥の人形の脳を使って通信すると,脳に直接グーグルマップみたいな映像が広がって,人形を傾けるとストリートビューみたいに異常な速さで移動できる.
それで四条のあたりでバンドメンバー発見して,マイク買えたのって聞かれて,これ拾ったからもういいって,人形を見せる.
そのとき長崎にオランダ大使が到着する.そで危機的状況で,早く向かわないといけない.それで,脳波だけ一瞬で現地に行って,オランダ大使の足にガムテープを貼ったり,頭から水をかけたりして時間かせぎする.
そうしたら同僚に会って,10円奪われた上に,オレンジジュースも奪われる.
あとから無事長崎に到着して,オランダ大使と結婚することになる.
お母さんが結婚式の準備してて,壁に日章旗とか飾ってて,小学校のときの近所の友達とかを呼ぼうとしてるけど,僕は小学校のときの友達とかもう会いたくないし,友達もいないから,結婚式やりたくないって言う.オランダ大使は白髪のおっさんだった.