hitode909の日記

趣味はマリンスポーツですの日記です

Reactのドキュメント眺める

きのうチュートリアルやってみたので,ドキュメントなど眺めてみる.
自分用のメモなので読んでもメリットなさそう.

Why did we build React? | React

  • Reactは viewを作るもの reusable UI Component
  • canvasに書き込んだり,Backbone.Routerとくみあわせてペライチ作ったり,サーバー上でも動いたり
  • Reactと同じ考え方で,iOS用のViewなども作れる

A JavaScript library for building user interfaces | React

  • コード例書き換えて遊べる
  • タイマーの例,this.intervalとかしてるけどバッティングしないのか?
    • console.logすると,props, state,..に混ざって,tick, interval,とかいた
    • ふつうにメソッド作ってもバッティングするはずで,気をつかってよける?
<input onChange={this.onChange} value={this.state.text} />
  • getInitialStateはフレームワーク側で用意されているメソッド
  • valueの設定はブラウザがおこなったあと,onChangeでsetStateして,Reactがさらに設定している?? ↓ にしたら入力した文字が倍になった
   this.setState({text: e.target.value + e.target.value});

Why React? | React

  • シンプル宣言的,composable,まずは5分ください,もっと学びましょう
    • ほんとうに再利用できるのか??

Displaying Data | React

  • script type=text/babel
  • reactive update
    • 内部的なモックのDOMと比較して効率よくDOM操作してくれる
  • inputをpropsと呼ぶ.property.component内ではimmutableだから書き込んではいけない
    • なんか言語的な制約はないのか?
  • JSX
    • テンプレートとディスプレイロジックは入り組んでおり複雑になる
    • JSのコードから直接HTMLやコンポーネントのtreeを出力するのがベスト
    • (そのむかしE4Xとかあった気がする)
    • React.createElement('a', {href: 'https://facebook.github.io/react/'}, 'Hello!') = Hello!
    • JSXいらなければ使わなくてもよい

JSX in Depth | React

  • JSXはXMLのように見えるシンタックスの拡張
  • デザイナーのようなカジュアルなデベロッパに向いている
  • JavaScriptの意味は変えない
  • HTML Tags vs React Component
    • HTMLタグは小文字から,React Componentは大文字から
  • classとforは予約語なのでclassNameとhtmlFor
  • displayNameがundefinedなとき,代入される変数名からdisplayNameが自動的に決まる.var Nav = React.createClass({ }); で displayName='Nav'になる
  • コンポーネントにネームスペース使える
  • 式を書くには "" のかわりに {}
    • きのう "{ }"して文字列になってた
  • disabled で true disabled={false} でfalse
  • コメントは{/* */}

JSX Spread Attributes | React

  • プロパティのわたしかた
  • あとからprops代入してはいけない
  • props = {}; で全部渡せる 上書きするには

JSX Gotchas | React

  • JSXとHTMLとの違い
  • XSS対策されるので,{' '}の中に& middot; とかHTMLエンティティ書いてもそのまま出てくる.UTF8で直接書くか,\u で書くか,String.fromCharCode
    • まあわかりそう デザイナーの人が書くとき混乱しそう?
  • 仕様的に存在しないattributeを渡しても無視される.data- か, aria- は許可されている

Interactivity and Dynamic UIs | React

  • インタラクティブなUI
  • クリックでトグルする例.onClick={this.handleClick}.handleClickでsetState({liked: !this.state.liked}); renderでlikedかどうかで分岐
  • React.initializeTouchEvents(true)で電話やタブレット対応
    • 常にやっておけばよさそう??
  • それぞれのelementにイベントリスナをattachしているわけではなくて,トップレベルで単一のイベントリスナが監視している.速い.
  • setState(data, callback)はマージする.
    • state = {a, b} のとき setState({b}) しても,{a, b}のまま,ということ?あとで試す → そのとおりだった
  • ほとんどのcomponentは単にpropsを受け取って描画するべき.ユーザーの入力や,サーバーへのリクエスト,時間の経過などに反応するとき,stateを使う.
  • componentのうち可能である限りはstatelessにしましょう(try to...って書かれてる)
  • いくつかのstatelsssなcomponentと,ひとつのstatefulなcomponentを作り,statefulなcomponentがstateをstatelessな子供達にpropsで渡していく,というよくあるパターン
  • その状態を表す最小の表現を考えてstateに入れましょう.計算済みのデータをstateに入れることは,Reactが計算してくれるかわりに,自分でデータを同期することを意味している.render内で計算しましょう.
  • listItems.lengthをstateに入れるかわりに,renderで.lengthを呼びましょう
  • React componentsをstateに入れてはいけない.renderでbuildしましょう
    • 毎回作っていいの? ← keyをつけとけば大丈夫?
  • propsからコピーしたデータを入れてはいけない.ただし,propsの前回の値を知るためには,propsをstateに取っておいてもよい.

Multiple Components | React

  • composabilityについて.複数の部品を組み立てて使える.
  • facebookのプロフィール画像と名前を表示する例.AvatarがProfilePicとProfileLinkを使う
  • owner
    • Avatarがowner.他のcomponentのpropsを設定する役
    • owner, ownee
  • children
    • 親子の参照.this.props.children
  • ダイナミックなchildren
    • keyを使える.
    • Componentをrenderするまで分からないのはいけない.propsでkey=を渡すのが正しい.
  • ownerからowned componentに1方向でデータが流れる
  • パフォーマンスについて.DOM操作が遅いのであって,JSが遅いわけではない.本当になんとかしたいときはshouldComponentUpdateをオーバーライドする.

Reusable Components | React

  • prop Validation propTypesを使ってバリデーションできる
    • React.PropTypes.以下にいろいろ バリデーションの関数も書ける.return new Error('Validation failed!');.throwしてはいけない.
  • getDefaultPropsでデフォルトのprops返せる.一部のpropsが来てたときは,setStateしたときと同様にこれもマージされる??
  • {...this.props} でそのまま渡せる
  • mixinできる
  • ES6 Classes
    • class HelloMessage extends React.Component { でextend
    • getInitialStateのかわりにconstructorでthis.state = で指定
    • propTypes, defaultPropsもあとから代入
    • バインドしてくれないので,.bind(this) か =>
    • ES6にはmixinまだない
      • 助かった

Transferring Props | React

  • propsの転送のよくあるパターン
  • いろいろあってムズい var { x, y, ...z } = { x: 1, y: 2, a: 3, b: 4 };

Forms | React

  • input, textarea, option は入力取れるようになんかなってる
    • inputとtextareaはvalue,
    • input[type=checkbox]とradioはchecked
    • optionはselected
  • valueつきのinputはcontrolled component.input value="Hello!"するとユーザーが何を入力してもReactがrenderするさいに書き換えてしまう(ひどい).stateにvalue: Hello! とか入れておいて,onChange={this.handleChange}して,this.setState({value: event.target.value})とかする(めんどう).バリデーションもこれでできる(便利).
  • valueがないやつはuncontrolled component.ふつうに書ける.onChangeでlistenする.defaultValue="Hello!"でデフォルト値入れつつ自由に編集できる.
  • ほかには,inputはdefaultChecked, selectはdefaultValue
  • textareaもchildrenじゃなくてvalueを使おう
  • ↓こんなのもできる
<select multiple={true} value={['B', 'C']}>

Working With the Browser | React

  • the virtual dom
    • DOMを直接触らないので速い
    • イベントも実装してるので,IE8でもHTML5のイベント使える!!
    • jQueryプラグインなど,外界とやりとりしたいこともある.そういうときに脱出用のハッチを用意している.
  • React.findDOMNode(component)でDOMノード取れる
  • React.findDOMNode(this.refs.myTextInput).focus();
  • ライフサイクル
    • Mounting→Updating→Unmounting
    • willとdid
    • 呼べるメソッドいろいろ
  • polyfillは用意してないのでほしかったら適当に入れてね
  • IE8の話題あるけど無視

More About Refs | React

  • refsについて
  • ときにはfocusしたいこともある
  • renderの返すcomponentを保持しても意味ない
  • ref="myInput" で this.refs.myInputで参照できる.React.findDOMNode(this.refs.myInput)で実際のDOM
  • ref={(c) => this._input = c} みたいにコールバック書いて保持することもできる.mountされたあとに実行される. (ref=で名前書くほうが健全なかんじがする)
  • this.setStateのコールバックでfocusとか
  • publicなメソッドを用意しておいてrefsで拾ってきて呼ぶとか
  • render内でrefs呼んではいけない

Tooling Integration | React

  • CDNある
  • ブラウザで動くtransformerある.script type=text/babelをコンパイルしてくれる
  • npm使ってたらBabelで先にコンパイルできる
    • プロダクションではこっち.JSX形式でcomponentとか作ってるのがReadt.createElementに展開される.

Add-ons | React

アドオンいろいろ(ひとまず読み飛ばす アニメーションやテストなど)

Top-Level API | React

  • クラス作ったり,エレメント作ったり,renderしたり
  • initializeTouchEvents みたいなのが生えてるのが意外 もっと高尚な感じかと思ってた

Component API | React

  • this.state直接いじってはいけない.setStateしましょう

Component Specs and Lifecycle | React

  • render()関数は副作用があってはいけない.ブラウザとインタラクションしたかったらcomponentDidMountを使う
  • ↑で気になってたgetInitialStateはここで出てきた
  • mixinしてbehaviorを変えられる(すごいけどたいへんそう)
  • willとdidみたいな感じが英語っぽい
  • propsとstateの違いは? propsはimmutableで,stateはmutable? componentWillReceivePropsがあるということは,ライフサイクル中にpropsが変わることもあるのだとしたらstateとの違いは?

Tags and Attributes | React

  • SyntheticEvent,クロスブラウザの対応のためにwrapしてくれる
  • ここにあるtagやattributeが使える

Event System | React

  • dataTransferとかClipboardEventとかもここで用意されてる
  • ということは,今後新しいイベントがブラウザで使えるようになって,実際に使えるまでは,Reactでサポートされるまで待つ必要がある?

DOM Differences | React

  • attributeはcamelCaseだけど,data-はlower-case only.
  • styleはJavaScript Objectがよい(XSS対策)
  • onChangeは,一般的なブラウザ(blurすると発行)とちがって,リアルタイムに送られる(詳しくはformのページ見てね)

Special Non-DOM Attributes | React

  • ふつうのDOMには存在しないattributeをいくつか追加してる
  • key: unique identifier
  • ref: more-about-refsを見ましょう
  • dangerouslySetInnerHTML: TIPSみましょう

Reconciliation | React

  • diffをとるアルゴリズムについて レーベンシュタイン距離O(n^2),keyをつけてO(n)

React (Virtual) DOM Terminology | React

  • ReactElement
    • type, props, key, ref
    • ReactElementは軽く,statelessで,virtualなエレメン
    • JSXなら< >で作れる
  • Factory
    • React.createElement.bind(null, type).divとか作りやすい.JSX書いれば使う必要ない
  • ReactNode
    • ReactElement, string, number, Array のいずれか
  • ReactComponent / ReactComponent Class
    • 単なるJavaScriptのクラス.少なくともrenderメソッドを持っている.
    • 自分でnewして呼ぶことはないでしょう.React.createElement(MyComponent) もしくは

Advanced Performance | React

  • パフォーマンスについて
  • shouldComponentUpdate オブジェクトの中身も比較するとたいへん
  • オブジェクト同士の比較だと,オブジェクトは同じで,中身だけ変わってることがあってよくない
  • immutable.jsについて y = x.set('foo', 'baz') とか イミュータブル!!
  • deep compareしないので速い
  • immutable-jsとFluxについて Fluxにするならまずimmutable-jsでstoreしよう APIはこちら
  • this.messages = Immutable.List(); して this.messages = this.messages.push(new Message({timestamp: payload.timestamp...})); immutableなので変数で受ける

感想

  • だいたい分かってきた気がする(合ってるかどうかは知らない)
  • renderでvirtual DOM作って返すだけで考えるの少なくて手軽
  • querySelectorとかで取ってきたり,イベントハンドラセットしなおしたり,とかいらないので楽そう
  • Reactはたんなるviewなので,シングルページアプリケーションとか作りたかったら,ほかに状態を管理するやつがほしそう Backboneのなんかと組み合わせるとか書いてあった
  • 裏側のモデルはこれまで通りていねいに作る必要がありそう viewが分離できるのはスッキリしそう
  • デザイナーの人といっしょに作ってるとき,素のHTMLとは似てるけど微妙にちがうのでむずかしそう *.jsを触るのは抵抗があるかもしれない
  • ↓の本注文して明日くらいに届くはずなので読む

入門 React ―コンポーネントベースのWebフロントエンド開発

入門 React ―コンポーネントベースのWebフロントエンド開発

  • 作者: Frankie Bagnardi,Jonathan Beebe,Richard Feldman,Tom Hallett,Simon HØjberg,Karl Mikkelsen,宮崎空
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2015/04/03
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログ (2件) を見る