hitode909の日記

趣味はマリンスポーツですの日記です

紐のついた靴はもう買いたくない

紐のある靴と無い靴と比べると、履いたり脱いだりする時間が100倍くらい違う。ローファーは0.1秒で履けるけど、ハイカットのブーツだと30秒くらいかかる。時間がかかることによって紐のついた靴を履く機会は非常に減ってしまった。今後靴を買うときには紐のついた靴は選択肢から外すようにしておきたい。

これをよく履いている。雨でも履ける。底がゴムでできてて頑丈。そのかわり重い。左右で1.5キロくらいあると思う。

かけこみでブラックフライデー見てみたら、黒い家電が安い!とか、黒い家具が安い!とかやっていてしょうもなかった。黒い炊飯器とか黒いオーブンとかが並んでいて、見た目も悪い。
セールのたびにものが増えると困るので、消費できるものを買うのがよいかと思って、醤油漬けのいくらとシャンパン6本セットを買っておいた。

あとは妻が靴べらを買っていたけどセール関係なく買っていそう。自立する靴べら(スタンド付きのもの)は、触ってしまって倒れると直すのも面倒なのではないか、最悪の場合、壁から引っ掛けられる運用に変えられるよう、紐を通せるものがよいのでは、という話をしていた。

かずひらさん向けおすすめ情報

あしたのベストという最高のウェブサービスを作られているかずひらさんが困ってそうなので書いてみます。

例えばこのようにユーザーのブラウザのキャッシュを飛ばしたいとか、問題にブチ当たった時に、とりあえず知ってる方法で解決するものの決してスマートな方法ではなく、しかしベストプラクティスは依然判明しない、ということが多くて、もんにょりした気持ちが続いてる。

あしたのベスト更新した - かずひらの日記

ググっても色んな情報が出てきて困ると思うのでおすすめ情報源を書いておくと、おすすめのページはWeb FundamentalsとMDNです。

ウェブ開発やってみよう!みたいなときには、中身のHTMLとかJavaScriptどう書きますか、とかResponse Bodyが気になりがちだけど、キャッシュを正しく扱うにはHTTPヘッダを正しく扱う必要があります。かいつまんで書いておくと以下。

  • HTMLはno-storeにして、毎回サーバーに問い合わせる
  • 画像、JS、CSSなど、HTMLから参照しているものたちはmax-ageを長め(1年とか)にして、そのかわりURLと内容が一対一になるようにする
    • 手動でやるなら、src=main.jsじゃなくて src=main.js?20191124 とか日付を入れる、とか

今回関係しそうな部分を引用しておくとこのあたり。ここだけ読んでくださいというわけではなくて、最初から読んでいって、ここにたどり着いたときになるほどとなれるとよさそう。

一方、「no-store」はもっと単純です。 返されたレスポンスのバージョンにかかわらず、ブラウザのキャッシュやすべての中間キャッシュはそのレスポンスを一切格納できません。たとえば、個人の機密データや銀行データが含まれているレスポンスなどです。 ユーザーがこのアセットをリクエストするたびに、リクエストがサーバーに送信され、完全なレスポンスが毎回ダウンロードされます。

HTTP キャッシュ  |  Web Fundamentals  |  Google Developers

では、クライアント側のキャッシュと迅速な更新の両方の長所を活かすにはどうすればよいでしょうか。 リソースの URL を変更して、コンテンツが変わるたびにユーザーが新しいレスポンスをダウンロードしなければならないようにすればよいのです。 通常、この処理はファイルのフィンガープリント、またはバージョン番号をファイル名に埋め込む(たとえば、style.x234dff.css など)で実現されます。

HTTP キャッシュ  |  Web Fundamentals  |  Google Developers


トップページからリンクするときは?1とかつければいいけど、トップページごとキャッシュしてしまうと、どうしようもなくなるという話題がある。僕も昔趣味で作ってるページを10日間キャッシュしてしまって、次のバージョンはURLを変えてしのいでいた…。

bonはGoogle App Engineに古いページが10日間キャッシュされてしまい,更新不能になったため,UIを改善したbon2をリリースいたしました.

bon2をリリースしました - hitode909の日記

ワークショプの準備を進めたいけど、集中した状態になるのがなかなか難しくて、喫茶店に来たら、横の席のおじさんたちがデジタルカメラをRAWで撮るかJPEGで撮るかという話をしていた。論理的な展開がなくて、RAWならあとからでもどうとなる、JPEGならバキバキになる、という主張の繰り返しが延々と続いていて、それを聞いてるとだんだん気持ちよくなってきていた。

家で作業したいけど寒い、というときに、集中力より寒さが勝ってしまって、寒いなって考えてるだけで何もできなくなる。エアコンつけるかどうか考えるのは非常に手間なので、室温が一定以下になったら勝手にエアコンが入るようにしておきたい。
最近忙しすぎて、些細なことを気にする余裕がない。すべてのミーティングに遅れていっている。それとともに自動化ブームがきていて、勤怠打刻は位置情報を見て、打刻しませんかって通知が出るようにしようと試みている。

人生の目標とか、将来なにをやりたいですか、みたいなことを考えたときに、一番やりたいのは何もしないことで、機械にできるようなすべての判断を機械に任せたい。やりたくないこと起因でやりたいことが決まっている。