hitode909の日記

趣味はマリンスポーツですの日記です

ソフトウェア,完成した瞬間や,運用開始した瞬間に,0点から始まって,だんだんストレージがいっぱいになって遅くなって動かなくなったり,仕様変更のたびに複雑になって,触りにくくなったりして,ポイントが下がっていって,設計を変えたり,リファクタリングしたりチューニングしたりするとちょっと回復したりするけど,基本的には減っていって,マイナス10万点くらいになると役目を終えるイメージがある.

そのときに,誤った選択をすると寿命がすごく縮んだり,延命したとしても,あとから直すのにすごく時間がかかったりする.失敗したな,ということはあるけど,成功したと思ったときも,失敗が遅れているだけで,成功はしていない.飛んでるんじゃなくて落ちてるだけ.

作ってる物がいつかぶっ壊れて終わってしまう,と言うと,儚い,無責任な感じもするけど,そう言っている人間もいつか死んでしまうので,永久に動くものを作るのは難しい.