hitode909の日記

趣味はマリンスポーツですの日記です

飲み会IoTボタン作った

会社のオフィスは東京と京都に分かれていて,それぞれ,さらに7F,8F,9Fとか,B1,3F,4F,のように3フロアずつに分かれているので,合計6フロアあることになる.それに加えてリモートの人たちは家にいる.
定時後に,お疲れ様でしたとか言ってビールや日本酒をあけることがあるのだけど,他のフロアでワイワイやってても気付きにくく,駆け付きにくい,駆け付けてもらいにくい,という問題がある.
そこで,AWSのIoTボタンを使って人を呼べるようにした.

張り紙

このビールを冷やしてる冷蔵庫付近の壁に張り紙を貼った.

f:id:hitode909:20180606233844j:plain:w400

使い方

この乱雑な紙に使い方と,IoTボタンを貼り付けている.IoTボタンはボタンの裏側が接着面になっていて,ドキュメントに貼り付けることができて便利.

f:id:hitode909:20180606233921j:plain:w400

開催

1回押すと,Slackの#drinkingnow(飲み会の様子を共有するチャンネル)に飲み会開催中のお知らせが流れる.これが流れてきたら,祝いたい人がやってくる,という想定.
f:id:hitode909:20180606232307p:plain

閉会

2回押すと,飲み会完了のお知らせが流れる.開催のお知らせだけ見て,行ってみて終わってたら悲しいのでこの機能を実装した.
f:id:hitode909:20180606232322p:plain

実装

IoTボタンからLambdaを叩き,そこからSlackに投稿している.ボタンの種類でフロアを取得したり,クリックのタイプで開催と閉会を区別したりしている.
なんでもいいから動けばいいので,Apexでサンプルとしてできたhelloっていう関数をそのまま書き換えて一瞬で完成した.
Amazon.co.jp: AWS IoT エンタープライズボタン – IoT をシンプルに。: generic

nomikaiプロジェクトに9fデバイスがあり,属性としてlocationを9Fにしている,という感じ.
f:id:hitode909:20180606232637p:plain

今後

各フロアに設置しようと思ったら,いま注文すると6月末に届くようだった.とりあえず10個くらい買って至るところに飲み会ボタンや,おやつ配布中ボタンなど,人々が集うためのボタンを設置していきたい.

最近気に入っている日本酒

月の桂のにごりが気に入っています.
昼休みに散歩していたところ,酒屋の前を通る瞬間に同僚が誕生日だったのを思い出して買っていって,定時過ぎた瞬間に飲み始めて,わりとフラフラになっていて良かった.
飲んだ感じは高級ヤクルトや高級カルピスウォーターみたいな感じだけど,度数もそこそこ高く,かなりハッピーになれる.文句なしで,どこで飲んでもめちゃくちゃになれる.

ZenFone 5買った

使ってた電話があまりに異常な体験で,最初から入ってるUIはびっくりドンキーのメニューみたいな体裁だし,異常な時計アプリとGoogleの時計が2つ並んでいたり,カメラを起動するのに1分くらい待たされたり,最近はいかなるbluetoothデバイスとのペアリングができなくなっていた.なぜそんな電話を使ってるのかという話だけど,nexus 5Xがある日動かなくなって,昼休みに電気屋に行ってOSが7で一番安いやつくださいと言ったらこれが出てきた.

Essential Phoneを買おうかと思っていたけど,発売から1年以上経っているようだし,海外のサイトから送ってもらうと送料もかかり,Essential Phone 2は開発されないという話もある.
ちょうどZen Fone 5が発売されたところのようだったので買った.キビキビ動くし,謎の独自のUIが搭載されていないので普通に使える.電話はリソースが限られているので,最低限というか普通が一番で,カスタマイズすればするほどどんどん悪くなっていくと思う.たいへん満足しているけど,Zen Fone特有の便利機能とかは使ってなくて,普通のランチャーが動いて,普通ににアプリが立ち上がって,アプリの切り替えができたので満足.

ふだん使ってるIIJmioのサイトから注文するとちょっと安く買えて,いまキャンペーンやっててAmazonギフト券が9000円戻ってくる.7月末までのようなので地獄っぽい激安スマホを使ってる人はとりあえず買い替えたらよさそう.
www.iijmio.jp

まだIIJmio使ってない人はここから契約してください!!!
www.iijmio.jp

『地獄の黙示録』撮影全記録

フランシス・フォード・コッポラの奥さんが,地獄の黙示録の撮影中の様子を記録した本. 撮影で何年もジャングルで暮らしているのがもう堪えられないとか,パーティーのホストを努めるのは私にはもう無理とか,精神的に参ってたのが分かる.

派手な暮らしを垣間見ることができて,パーティーに数百人やってきたり,高いワインをあけたり,お手伝いさんが洗濯してくれたり.金持ちなのだから,ちゃんとお金を使わなければ,とかそういう発言があったりする.お金を持ってる人が考えて書いた文章というと与沢翼の漫画くらいしか見たことなかったけど,お金があるとこんな感じなんだな,というのがなんとなく分かった.

後半では暮らしがめちゃくちゃになってきて,映画の撮影を記録するという当初の趣旨とは外れて泥沼化している.記録としても,日記としてもおもしろい.

『地獄の黙示録』撮影全記録 (小学館文庫)

『地獄の黙示録』撮影全記録 (小学館文庫)

 

最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか

いろんな最悪の事故を取り上げて,なんでそんなひどいことになったのかという解説をしてくれる本.

スケジュールに押されて,まともに飛ばない飛行船を飛ばして,そのまま墜落したり,同じ構図でロケットが爆発したり,このままではまずいっていう技術者からのメモが無視されてそのまま強行され,失敗したり,儚いエピソードが続く.

家庭内での出来事なら,どんなことがあってもこんな惨事は起きない.家の惨事といえば,ベランダでパクチーを育てたけど芽が出ないとかそれくらいで,最悪の場合でも,数百人が死ぬことはあまりないと思う.工業の発展と共に,家庭での需要を越える規模でまとめて物を作ったり物を運んだりしてお金を稼ごうとして,そこまではいいけど,そこで失敗するとどんどん人が死んでいく.とはいえ,誰も原始時代に戻るつもりはない.どんどん死者を出しながらお金を稼いで突き進むしかない.

最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか

最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか

 

 

高い買い物した.待ってる間に飲み物もらえてチョコももらえて満足.ブランド品を買い集める人の気持ちが分かってきた.同じブランドなら合わせやすいし,倒産もしないだろうから,また買うであろう.次は89万円の指輪がほしいという話をした.